林間路線,滑雪旅行,BACKCOUNTRY
  • hotel higashidate
  • 特惠房價一覽
  • 預訂確認/取消頁

林間路線,滑雪旅行,BACKCOUNTRY,滑雪指導,照片撮影 (林間コース,スキーツアー,スキー指導,写真撮影など)

在志賀高原的林間滑雪旅行(針葉樹・霧凇中滑走路線)、巡迴志賀高原滑雪場和盡情享受自然界產物的造形美和景色。還有初學者也能愉快滑走的林間路線、有能花上半天、1天滑走的寬廣、有導遊的帶領一邊接受滑雪指導一邊可以愉快巡迴滑雪場。
(志賀高原の林間スキーツアー(針葉樹・樹氷の中を滑るコース)、志賀高原のスキー場巡りと自然の作り出す造形美や景色を堪能していただけます。また初心者にも楽しい林間コースを巡るコースは、半日、1日をかけて滑る広さがあり、ガイドの案内でスキーの講習を受けながらスキー場巡りをお楽しみください。)


對於帶滑雪講的林間導遊(其他講習)
通常3名以上 1天路線 請咨詢。(1
當時價格) 1天(09:30-15:30) 半天可能

(スキー講習付き林間ガイド(その他講習)について
通常3名以上 1日コース ご相談ください。(1
時価) 1日(09:30-15:30) 半日可能)



也舉辦以本館住宿者為対象的增長技能滑雪講習。
※關於人数和技術水平、請咨詢。  具體請詢問前台負責人。
参加資格:制動滑降蛇形滑降以上的人。
特別優惠1:一組滑走時的照片・攝影的動画
特別優惠2:成為接近個人講習形式的導遊

(当館宿泊者を対象に上達する為のスキー講習を開催しております。
※人数や技術レベルについては、ご相談ください。  詳しくはフロント支配人まで。
参加資格:プルークボーゲン以上の方になります。
特典1:グループで滑っている写真・動画の撮影
特典2:プライベート講習に近い形でのガイドになります)

■林間導遊路線以外的在滑雪場旅行帶導遊的同步講習的基準
・會制動滑降蛇形滑降的人   ---> 使用滑雪杖從半制動回轉到雙板平行轉彎
・會雙板平行轉彎的人     ---> 短轉彎回轉
・會短轉彎回轉的人      ---> 超曲線回轉挑戰山峰
・希望掌握愉快滑走方法的人  ---> 滑雪場的小技術、瀟灑的回轉方法
・想擅長深雪、山峰的人    ---> 即使是普通板也能在深雪、雪墩的回轉挑戰

(■林間ガイドコース以外でのゲレンデツアーガイド付き足並み講習の目安について
・プルークボーゲンのできる方   ---> ストックを使うシュテムターンからパラレル
・パラレルのできる方       ---> ショートターン
・ショートターンのできる方    ---> 超シュートターンでコブに挑戦
・楽しくすべる方法を望む方    ---> ゲレンデでの小技、かっこいいターンの仕方
・深雪、コブを上手になりたい方  ---> 普通の板でも深雪、モーグルのターンに挑戦)


報名滑雪講習從這裡

報名滑雪講習從這裡 (英語導遊+租借可能)
(スキー講習のお申し込みはこちらから (英語ガイド+レンタル可能))

滑雪場旅行、林間路線導遊、滑雪講習(同步講習) ゲレンデツアー、林間コースガイド、スキー講習(足並み講習)

志賀高原滑雪場の魅力是、被稱為「寬闊」「雪質好」「景色好」、在雪地上行走時有吱吱聲音就證明雪質好。志賀高原滑雪場魅力的另一個就是雖然滑走林間路線、但能一邊享受自然創造出的景色一邊滑到各滑雪場。路線是、花上半天、1天時間能滑行的廣闊路線。有導遊帶路一邊接受滑雪的講習
在志賀高原的廣大的區域里有21個滑雪場和全部84條路線展開、從毎年12月到5月連休為止都能享受滑雪・單板滑。

志賀高原のスキー場の魅力は、「広く」「雪質がよく」「景色がいい」と言われ、雪の上を歩くとキュッキュッと音がする雪質の良さにあります。志賀高原のスキー場の魅力の一つに林間コースを辿りがありますが自然の作り出す景色を堪能しながら各スキー場を滑り下りて行くものです。コースは、半日、1日をかけ滑り巡る広さがあります。ガイドの案内でスキーの講習を受けながらです
志賀高原の広大なエリアには21スキー場と全84コースが展開し、毎年12月初めから5月連休までスキー・スノボを楽しめます。


※點擊下面的照片就會被拡大、按住被拡大的照片左右兩端的鼠標就會表示前後按鍵。
(下記の写真をクリックすると拡大され、拡大された写真の左右端にマウスを合わせると前後ボタンが表示されます。)

  • 本館周圍的各滑雪場的風景
  • 用東館高空纜車約6分鐘到達高天之原山頂
  • 本館周圍的各滑雪場的風景
  • 用東館高空纜車約6分鐘到達高天之原山頂
  • 高空纜車山頂的景色
  • 寺子屋滑雪場方面 東館山頂景色是其之一(高天之原・西舘)
  • 高空纜車山頂的景色
  • 寺子屋滑雪場方面 東館山頂景色是其之一(高天之原・西舘)
  • 東館山頂景色其之2 (一瀬、焼額山)
  • 林間路線
  • 東館山頂景色其之2 (一瀬、焼額山)
  • 林間路線
  • 奧林匹克大迴旋路線
  • 這張照片的右側就是本館HIGASHITATE
  • 奧林匹克大迴旋路線
  • 這張照片的右側就是本館HIGASHITATE

林間路線用的滑雪旅行導遊的一個例子(林間コースを使ったスキーツアーガイドの一例)

※滑雪講習(同步講習)是、
從本館HIGASHITATE(東館飯店)出發路線是2種

※スキー講習(足並み講習)とは、
当館ひがしだて(ホテル東館)からスタートするコースは、2種類)


■圍繞西舘 (根據天氣和技術・体力可以改變路線)
本館出発->東館高空纜車山頂->享受景色、拍照留念>寺子屋滑雪場同步講習->高天之原->一瀬天狗路線(林間初學者路線)->鑽石滑雪場->滑雪講習->一瀬山神滑雪場->焼額山滑雪場->一瀬鑽石滑雪場->一瀬家族滑雪場>高天之原滑雪場->西舘山滑雪場->西舘初學者路線->発哺KUWADO->到達本館 
※好天気時的傍晚、在滑走的西舘初學者路線、有被夕陽染紅的北阿爾卑斯為背景的拍照片的地方。

(■西舘周り (天候や技術・体力の様子を見てコースを変更する事も可能です)
当館出発->東館ゴンドラ山頂->景色堪能、記念撮影->寺子屋スキー場で足並み講習->高天ヶ原->一の瀬天狗コース(林間初心者コース)->ダイヤモンドスキー場->スキー講習->一の瀬山の神スキー場->焼額山スキー場->一の瀬ダイヤモンドスキー場->一の瀬ファミリースキー場->高天ヶ原スキー場->西舘山スキー場->西舘初心者コース->発哺クワッド->当館着 
※天気の良い夕方は、西舘初心者コースを滑ると夕日に染まる北アルプスをバックに写真がとれる場所があります。)


■圍繞東館  (根據天氣和技術・体力可以改變路線)
本館出発->BUNA平滑雪場->同步滑雪講習->東館高空纜車山->享受景色、拍照留念>寺子屋滑雪場同步講習->東館山林間路線>BUNA平滑雪場>到達本館
※能享受志賀高原樹氷・霧凇的景色的長林間路線(3500m)。從林間路線出口能看到展開的北阿爾卑斯絶景。

(■東館周り  (天候や技術・体力の様子を見てコースを変更する事も可能です)
当館出発->ブナ平ゲレンデ->足並みスキー講習->東館ゴンドラ山->景色堪能、記念撮影->寺子屋スキー場足並み講習->東館山林間コース->ブナ平ゲレンデ->当館着
※志賀高原の樹氷・霧氷の景色が楽しめる長い林間コース(3500m)が楽しめます。林間コースからの出口に広がる北アルブスの絶景が楽しめます。)

※點擊下面的照片就會被拡大、按住被拡大的照片左右兩端的鼠標就會表示前後按鍵。
(下記の写真をクリックすると拡大され、拡大された写真の左右端にマウスを合わせると前後ボタンが表示されます。)

  • 林間コース スキーツアーガイド
  • 林間コース スキーツアーガイド

■深雪・雪峰 講習
在深雪想用普通板滑走、或者用専用板滑走、想豎著滑走雪峰這樣的方向導遊也會根據希望準備。

(■深雪・コブ 講習
深雪を普通の板で滑りたい、また専用の板で滑りたい、コブを縦に滑りたいという方向けのガイドもご希望によりご用意できます。)



■報名滑雪講習從這裡 ■スキー講習のお申し込みはこちらから

BACKCOUNTRY滑雪旅行 高山滑雪、只限於屈膝旋轉滑走的AOFUPISUTE旅行

志賀高原観光協会主辦的毎年慣例的BACKCOUNTRY滑雪旅行、平常不能滑走的
AOFUPISUTE旅行是有経験豐富的旅行陪同人一起的滑雪旅行。也有参加獎可留下紀念。

(志賀高原観光協会が主催する毎年恒例となったバックカントリースキーツアーは、通常滑ることのできないオフピステを経験豊かなツアーアテンダーが同行するスキーツアーです。参加賞もあって記念に残るツアーとなります。)


BACKCOUNTRY 志賀高原~北志賀
(バックカントリー 志賀高原~北志賀)

(志賀高原横手~草津~志賀高原 第二天焼額山出發9:30、到達小丸山滑雪場後做巴士回到志賀高原的路線。北志賀BACKCOUNTRY是、必須有SAJ1級以上体力・技術而被選拔的滑雪健將才能參加的BACKCOUNTRY。詳細情況請閱覽下面的宣傳冊。
http://www.shigakogen.gr.jp/

志賀高原横手~草津~志賀高原 二日目焼額山発9:30、小丸山スキー場到着後バスにて志賀高原に戻るコースとなっています。北志賀バックカントリーは、SAJ1級以上の体力・技術が必要な選ばれたスキーヤーだけが参加できるバックカントリーとなっています。詳細については、下記パンフレットをご覧ください。)
http://www.shigakogen.gr.jp/

Page Top↑