スノーモンキー ニホンザル

  1. HOME
  2. 周辺観光
  3. スノーモンキー(地獄谷温泉)

地獄谷野猿公苑のニホンザル スノーモンキー 温泉に入るお猿さん

温泉に入るニホンザルが見られることで有名な「地獄谷野猿公苑」は、」志賀高原の近く、山ノ内町にあります。近年では外国人観光客にも人気のスポットとなっており、「スノーモンキー」として親しまれています。現在1つの群れで約160頭のお猿がおり、特に冬は毎日たくさんのお猿たちがお風呂に入るために山から下りてきます。車が入れない道があるため公園までは30分ほど歩きますが、実に気持ち良さそうに入っているお猿を見ると、それだけの価値はありますよ。志賀高原に行く途中、または帰りに是非お立ち寄りください。

ヨガ ストレッチ

※上記の写真をクリックすると拡大されます。

ホテルひがしだて 宿泊 旅館

ニホンザルの生態を観察 世界で唯一温泉に入る猿 野猿公苑

温泉に入るニホンザルの写真などは、よく目にすることと思いますが、実は温泉に入る猿がいるのは、世界でもこの地獄谷野猿公苑だけと言われています。
ではなぜこの野猿公苑のサルだけが温泉に入るようになったのでしょうか?
実は、初めて温泉に入ったのは一匹の子ザルだったといいます。これが群れ全体に広まり、野猿公苑側で猿専用の温泉を作りました。
ニホンザルは世界で一番北に住む猿です。地獄谷のニホンザルが温泉に入るのは、冬の厳しい寒さに耐えるために身につけた知恵です。そのため温暖な時期には積極的に温泉に入りません。

また、地獄谷のお猿はアメリカの雑誌「ライフ」の表紙を飾ったり、長野五輪からの口コミなどがきっかけで世界的に有名になり、多くの外国人観光客が訪れています。

下記の写真をクリックすると拡大され、拡大された写真の左右端にマウスを合わせると前後ボタンが表示されます。









ある日の野猿公苑の様子を動画にしました。画質が少し荒いですが、風の強い日でも元気いっぱいにじゃれあう若いお猿、石に手を置き静かにくつろぐお猿など それぞれのおサルの個性が分かります。

ホテルひがしだて 宿泊 旅館

地獄谷野猿公苑 アクセス方法・ご注意  スノーモンキーホリデー観にバス(冬季間のみ)

こちらのお猿には勝手にエサをあげたりすることは禁止されています。本来の猿の生態を観察して頂くために餌付けショーなども行っていません。のんびりと過ごすニホンザル本来の生態を観て頂きたいと思います

地獄谷野猿公苑への専用駐車場は、上林温泉と渋温泉にあります。
※上林温泉の駐車場は無料、上林温泉から地獄谷までは約2km、徒歩30分ほどの道のりです。

※渋温泉の地獄谷駐車場は、有料で地獄谷まで徒歩約15分。道幅が狭いため冬期間は閉鎖されます。こちらは駐車台数も限られますので、ご注意ください。

■スノーモンキーホリデー観にバス(冬季間のみ)
 冬季間一般車の通行が閉鎖される地獄谷駐車場までの運行バスがございます。(PDF参照)

■バスの運行区間アクセスについて PDF参照

ヨガ ストレッチ
ホテルひがしだて 宿泊 旅館
ページトップへ↑